仕事/児童書 works/children's books

2021年12月27日 (月)

『空から見える、あの子の心』

シェリー・ピアソルさん作、久保陽子さん訳『空から見える、あの子の心』(童心社刊)の装画と挿絵を描きました。さわやかな装丁は長坂勇司さんです。

ひとりぼっちのジョーイを理解しようとし、何かできないかと悩んだりアイディアを練るエイプリルの迷いながらも熱い言動と、ジョーイの人と共有することが難しい特性や孤独さを絵でも表したいと思いながら描きました。

人のために動いたり怒ったり心配することの切実な優しさのようなものが丁寧に大切に伝わってきます。

ぜひ読んでみてください。

5ee72fdf5eed4ab888b22e92bee262b2
85266736dc504d3e9d943abc9c9aeb2d
535a50cd90f64cc59f5fb74f8b2c0efa
398d2a776a2d4def8e79f61212b63563
F6ac1230ea724b6b99635cd0d8a4324b

2021年10月16日 (土)

『オンボロやしきの人形たち』

いフランシス・ホジソン・バーネットさん作、尾崎愛子さん訳『オンボロやしきの人形たち』(徳間書店刊)の装画と挿絵を描きました。

元気な装丁は百足屋ユウコ(ムシカゴグラフィックス)さんです。

生きることを心から楽しむ人形たちの会話や動きが笑顔を誘います。容赦ないボロボロ具合の住まいや衣装の描写が生き生きとしていて、より彼女たちの心の強さや明るさが見えてくるようでした。ぜひ読んでみてください。

徳間書店ホームページ

700918b99e3a4c63aa9271dc0c9e629d

 

D96ebf8fd1a14d52b24d61294b74a004

 

E865ecbede8f45d285d051c337ec540c

 

D2bd76d483494b2dabeaff7625133fed

2021年9月 3日 (金)

『コケのすきまぐらし』

田中美穂さん作『コケのすきまぐらし』(福音館書店刊)の絵を描きました。月刊たくさんのふしぎ10月号(9月上旬発売)です。

かわいいブックデザインは紀太みどり(tiny)さん、緑が美しい印刷は精興社です。

田中さんがコケの奥深い世界を親しみと敬意のようなものをこめて案内してくれます。

作画中、序盤は図鑑と実物が同定できないことに恐れ慄いていましたが、終盤はコケへの興味と感嘆が満ちてきて、分からないところを確認しながらゆっくりと描くことが楽しくてなんとも幸せでした。

コケと田中さん、編集者の長年の積み重ねがあっての本です。絵でもそれを伝えられているとよいです。

ぜひ読んでみてください。

843691883d81462dbc7b38d75faf88f3

698f672990ae413b9c7e72be22e91f94

1c2ac6a9476a4a7a953503f039da8077

2021年8月21日 (土)

『国語をめぐる冒険』

渡部泰明さん、平野多恵さん、出口智之さん、田中洋美さん、仲島ひとみさんの共著『国語をめぐる冒険』(岩波ジュニア新書刊)の装画と挿絵を描きました。

先生方の国語への情熱とユーモアにたっぷりとひたりながら、言葉への新たな気づきはもちろん、この世界をもっとよく生きてみたい!という漠然としつつも自分の中の希望のようなものを強く感じることができました。

挿絵ではカバーの2人が冒険をしていく様子や、芥川龍之介、太宰治、中島敦の似顔絵を描きました。似顔絵はあまり描く機会がないですがとても好きな仕事です。

ぜひ読んでみてください。

7249d42b1984422899780ebbb6278554

666544cc137148b5875485a39c03b9d1

22143433f33c4572859b4796b4f6fec7 

846a3d25e77e41f4951e04d325bb0281

2021年6月25日 (金)

『トムと3時の小人』

たかどのほうこさん作『トムと3時の小人』(ポプラ社刊)の装画と挿絵を描きました。

隅々まで楽しいデザインはポプラ社デザイン室の楢原直子さんです。

現実世界とファンタジーが豊かに共存する物語です。本や作者についての気づきや、古びた場所での出会いの描写など、気持ちを豊かにしてくれる時間が流れていました。

全ページにカラーの挿絵、総ルビがつくGO!GO!ブックスシリーズ創刊本の1冊です。

ぜひ読んでみてください。

472f13d4a0004908a1eab9732fa220d5

6ef3e33b9a0f4d92bb3043e546cfcdc4

Add1d0d4259c46a2b5f67643e8798320

 

2021年6月15日 (火)

『コッペリア』

ドリーブ作曲、ピアノ絵本館『コッペリア』(全音楽譜出版社刊)の絵を担当しました。

編曲・文は宮本良樹さん、ブックデザインは勝井三雄さん、大髙奈津子さんです。

絵本のように物語を楽しみながらピアノが弾けるシリーズで、『コッペリア』は連弾の楽譜です。

主人公のスワニルダのはじける生命力と、コペリウスの少し悲しげだけれどユーモラスな雰囲気を絵で表現できたらと思いました。

ぜひ手にとってみてください。

 

Dfc8f863cb314b128ce835e37b57e2be

Ef72b5c7510e4e3a899ad80beb867b65

62c4b7d77ea441d9958b483cac837694

8f7cdb2bc57f45838daa50635ba5eba1

88df8184f95946b597a3cd388be8548e

2021年5月30日 (日)

『森の歌が聞こえる』

小手鞠るいさん作『森の歌が聞こえる』(光村図書刊)の装画と挿絵を描きました。

美しい装幀は城所潤さんです。

見返しや花切れ、スピンの色にまで森の気配を感じる本になっています。

日本とアメリカの自然と、主人公の風花の心模様が交差していく様子が胸に染み入りました。

ぜひ読んでみてください。

 

09914d823f1940628422b82320bccbbe

8f8250140c8a47b6b9d51d8c4b0b399a

28484979f4984edc919f50cf8ab4c9a3

9fdaffeae51149e4bbddabd2d8c3962b

2020年2月20日 (木)

『精霊のなみだ』

湯湯(タンタン)さん作、高野素子さん訳『精霊のなみだ』(あかね書房)の挿絵と装画を描きました。

トゥートゥルとふしぎな友だち第3巻目です。 装丁は中浜小織さんです。

村の人からこわがられている謎めいた藍ばあさんと友だちになったトゥートゥルは、彼女から語られる物語に夢中になっていきます。信念を持つことによって共存することになる藍ばあさんの壮絶な孤独と、トゥートゥルの若々しい存在感の対比が胸をうちました。ぜひ読んでみてください。

Img_5945

Img_5946

Img_5948

Img_5947

第1巻はこちら

第2巻はこちら

 

2019年12月25日 (水)

『なかなおりの魔法』

湯湯(タンタン)さん作、高野素子さん訳『なかなおりの魔法』(あかね書房)の挿絵と装画を描きました。

トゥートゥルとふしぎな友だち第2巻目です。 装丁は中浜小織さんです。

今回出会うふしぎな友だちは、なかなおりする方法をおしえてくれるプゥじいさん。一体トゥートゥルたちはどうなってしまうの?!と、どきどきする展開でした。ぜひ読んでみてください。

Img_5960

Img_5961

Img_5962

Img_5963

第1巻はこちら

第3巻はこちら

 

2019年12月10日 (火)

『明日をさがす旅』

アラン・グラッツさん作、さくまゆみこさん訳『明日をさがす旅』(福音館書店)の装画を描きました。

明るくも重厚な装丁は森枝雄司さんです。

ユダヤの少年、キューバの少女、シリアの少年という、生きる時代も場所も異なる難民になった子どもたちが辿る過酷な道のりと、その交差の物語です。彼らの道と時間が自分のところにも確実につながっているのだという実感が伝わる本です。ぜひ読んでみてください。

20200224-145710 20200224-145712 20200224-145714

より以前の記事一覧