« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月27日 (木)

『シリアからきたバレリーナ 』

キャサリン・ブルートンさん作、尾﨑愛子さん訳の『シリアからきたバレリーナ 』(偕成社)の装画と挿絵を描きました。

柔らかなデザインは田中久子さん、バレエ監修は石津ゆりさんにお世話になりました。

シリア内戦から逃れイギリスで庇護申請中の11歳のアーヤが、「難民」という枠に心や体が押し込められそうになるのをバレエや周りの人々を通して留め、居場所を見出していく過程が胸を打ちます。

人物や風景、心情、時間にいたるまで丁寧に思いがこもる描写によって、恐怖や後悔ようなものと共に生きていく難しさや悲しみと同時に人に対する信頼が伝わってきました。

ぜひ読んでみてください。

日本での難民認定率の低さや出入国在留管理局で起こる事件や問題が、この物語のずっと手前にあることを考えずにはいられません。

 

6e4ba1830526448fbbfb4ce4c00fdc29

28738e8e63c7422da4fda8cc81ed8a8a

C13d24ee0ff74a028f79196d29b19adf

 

2022年1月11日 (火)

『子育てに迷ったときのお母さんへの言葉』

児童精神科医、佐々木正美さんの講演録の言葉を元に作られた『子育てに迷ったときのお母さんへの言葉』(大和書房)の装画と挿絵を描きました。

柔らかなアートディレクションは文京図案室の三木俊一さんです。

 

子育てをしている人と子どもへの優しくしなやかな言葉を、編集者の時政美由紀さんが丁寧に再構成しています。ぜひお手に取ってみてください

66ca5bbb7b4f4dc4861a84253db24da2

B06cc0d91c8146b68353e5e4bdd039a7

Cf294d012bef4df8bc58aed24c49d385

0af3f414ab6241db912d2c115f8bc31f

 

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »