« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月24日 (月)

ワークショップ2019年〜

下記のワークショップのレポートをアップしました。ぜひご覧ください。

北欧のおみせやさん

小学校でネコのモビール作り

昼と夜のモビール

手のものさしとネコのモビール作り

かいてつくるおはなしアルバム

昼と夜のブックカバー作りin 隣町珈琲

コロコロゲームBOX

動物モビール

オーロラ万華鏡

昼と夜のブックカバー作り in ティール・グリーン

おはなし世界一周

Img_3444

2020年2月20日 (木)

『精霊のなみだ』

湯湯(タンタン)さん作、高野素子さん訳『精霊のなみだ』(あかね書房)の挿絵と装画を描きました。

トゥートゥルとふしぎな友だち第3巻目です。 装丁は中浜小織さんです。

村の人からこわがられている謎めいた藍ばあさんと友だちになったトゥートゥルは、彼女から語られる物語に夢中になっていきます。信念を持つことによって共存することになる藍ばあさんの壮絶な孤独と、トゥートゥルの若々しい存在感の対比が胸をうちました。ぜひ読んでみてください。

Img_5945

Img_5946

Img_5948

Img_5947

第1巻はこちら

第2巻はこちら

 

2020年2月16日 (日)

おはなし世界一周

2月26日にティール・グリーンinシード・ヴィレッジさんで、pipioの「おはなし世界一周」を開催しました。

Eqa_sxuwaexpmb

世界中にちらばるおはなしを、紙芝居、絵本、語りで紹介していきました。

Img_5846

スタートはアフリカから。紙芝居後、子どもたちに台紙と丸いシールをくばります。台紙の「1」に貼ります。

Img_5844

お次はスウェーデンのおはなし。絵本のあとは、空と陸のシールと落ち葉のしたから小さな種のシールを見つけて、台紙の「2」に貼ります。

20200225-180549

Img_5839

つづいてポーランドのおはなし。再び空と陸のシールを貼ります。先ほど植えた種から花が咲いたので地面から選んでもらい台紙「5」にすべて貼ります。

Img_5850

20200225-180615

20200225-180628

最後のおはなしは、韓国のトッケビの語りです。絵本や紙芝居とはまた違う魅力、語りの包容力のようなものを感じました。

余韻にひたりつつ、花の向こうにひそんでいるトッケビを尻尾をひっぱって見つけてもらいます。

Img_5838

ふくろに入っているパーツを合わせて、台紙の「6」に貼ります。

Img_5823

続けて、そのトッケビのセリフを選んでもらいます。

20200225-180658

セリフは「7」に貼ります。

20200225-180700

全体図ができてきました。台紙を折り、真ん中をホチキスで止めハサミで一辺を切り取ると…

Img_5865

小さな本の完成です。

おはなしの締めとして日本のコロボックルについて紹介がありました。

それぞれの本には小さなこびとが切り抜かれているので、それと同じ形のこびとがコロボックルのように落ち葉の下に隠れているので探してもらいます。

20200225-180746

妖精に顔を描いたり、「1」に貼った丸いシールを自画像にして題名を書いて完成です。

本の裏にはこびとがはいれる葉っぱをつけています。

20200225-180852

20200225-180756

20200225-180842

20200225-180827

20200225-180817

Img_5854_20200225213401

20200225-180727

 

20200225-180714

世界一周という大きな題名でしたが、テーマはちいさなものに耳をすましたり、その存在を感じるよろこびについてでした。

参加してくれたみなさん、ティール・グリーンさん、ありがとうございました!

お店のブログでも紹介していただきました。

2020年2月 5日 (水)

『わたしたちの家が火事です』

ジャネット・ウィンターさん作、福本友美子さん訳『わたしたちの家が火事です』(鈴木出版)の描き文字を担当しました。

読みやすいデザインは中嶋香織さんです。

スウェーデンの環境活動家のグレタ・トゥーンベリさんが、ストライキをはじめるまでと、そのストライキが世界中の若者に広がっていく過程がジャネットさんの力強い筆致で描かれます。

私は題字とストライキの際使われたプラカードの文字を描きましたが、グレタさんたちが発するメッセージと問いは私自身にむかっているものでした。文字を描きながら「こんな状態にしてしまってごめんなさい」という思いがとめどなく湧きながらも、それをたずさえつつ行動を起こしていくしかないと思いました。

ぜひ読んでみてください。

Img_5949

Img_5950

2020年2月 1日 (土)

『森の歌が聞こえる』

飛ぶ教室での小手鞠るいさんの連載小説『森の歌が聞こえる』第四話の扉絵を描きました。

続きが楽しみです!

最新号の特集は「創作2020」です。

Epp8ydju0aeaat0

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »