« 『さくら坂』 | トップページ | pipioのおなしとあそび »

2016年6月22日 (水)

『八月の六日間』

北村薫さん作『八月の六日間』文庫版(角川書店刊)の装画を描きました。爽やかな装幀は大武尚貴さんです。

雑誌の副編集長として働く「わたし」。山の「わたし」と仕事や日常での「わたし」が行き来し、奥行きや空気にいつの間にか包まれてどんどん物語に引き込まれていきます。
山の情景と日常が淡々と、ふいにドラマチックに迫ってきて主人公と一緒に息をしているような感じがしました。

山好きな人はもちろん、一所懸命に日々を過ごしている方々、ぜひ手に取ってみてください!

8gatsu

ザックに詰める荷物の詳細がすてきすぎて興奮します!

« 『さくら坂』 | トップページ | pipioのおなしとあそび »