« ダ・ヴィンチ8月号 | トップページ | 『ならの木のみた夢』 »

2013年7月 9日 (火)

『ミサゴのくる谷』

評論社から刊行された、ジル・ルイスさん作、さくまゆみこさん訳の『ミサゴのくる谷』の装画を描きました。

スコットランドの自然を舞台に、少年と少女とミサゴの成長や別れが胸にせまるさわやかで熱い物語です!

子どもたちをとりまく大人の距離感も心地よいです。

ぜひ読んでみてください。

今回は、装画のラフをデザイナーの中嶋香織さんが、
本扉や本表紙に格好よく使ってくださいました!

ラフが日の目をみるなんて考えもしなかったので
嬉しい驚きです。

 
本扉↓

Misago2

カバー↓

Misago

« ダ・ヴィンチ8月号 | トップページ | 『ならの木のみた夢』 »