« 『ヨガジャーナル』 | トップページ | 4月の「ねぇねぇ、なに読む?なにしてあそぶ?」 »

2013年4月 7日 (日)

『ネコをひろったリーナとひろわなかったわたし』

講談社から刊行された、ときありえさん作の
『ネコをひろったリーナとひろわなかったわたし』の装画を描きました。


とても力強くて繊細な物語です。
読んでいる間、主人公の里菜子の心模様がどうか晴れやかでいてくれますようにと何度も願っていました。
背中を実際におせるわけではないし、大丈夫なんて声をかけることもできないけれど、最終的に不安と自分ではどうしようもないことを抱えながら道を見つけ出す里菜子の変化に私が勇気づけられました。
ぜひ読んでみてください。

大胆に美しく装幀のディレクションをしてくれたのは坂川事務所の坂川朱音さんです。
朱音さんは大学時代の同級生!一緒に仕事できて感動。
Rina
目次の絵です↓
Rina2

« 『ヨガジャーナル』 | トップページ | 4月の「ねぇねぇ、なに読む?なにしてあそぶ?」 »