« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月27日 (土)

南相馬市でおはなしと工作をしました

JBBYの子どもたちへ<あしたの本>プロジェクトの一環で、ピピオとして福島県南相馬市の仮設住宅にうかがいました。

絵本の読み聞かせでは、色々な「あー」で大声を出したり笑ったり、長い長い名前を唱えたりしました。

Dscn0352

工作では「サブローごま」を持参してコマの装飾をしました。

Image014

Dscn0375

Image012

スパンコールや端紙を貼ったり、模様を描いたり。それぞれにとても楽しげなコマがたくさんできました。

部屋に差し込む日差しがきれいでキラキラとよく光りました。

Dscn0367

Dscn0370

工作が終わっておしゃべりしている時に被災した方から津波の中に黒い光が見えたと聞きました。

Image001

タクシーで市内を走りながら、「住宅街だったんだよ」と運転手さんがいう場所が広い野原になっていて言葉がありませんでした。その他にも川や半壊の家が残る場所、壊れた堤防、工事中の現場など色々な場所を案内してくれました。

中心部はとてもきれいな街でしたし、仮設住宅の近所には大きな新しいコンビニができていて活気があるように私からは見えました。

場所によって風景が全然違うことがずっと心に残っています。それは、人によっても震災の記憶が違うという事にも繋がりました。

Dscn0340

お気に入りの一枚。

持ってきた色鉛筆の山が虹のようになっていました。

 

2012年10月25日 (木)

ハロウィンモンスター!?

おはなしとあそびをお届けするpipioのお知らせです。


今週28日の日曜日、吉祥寺アトレでイベントをおこないます。

pipio event vol.12「pipioと一緒にモンスターパペットであそぼう!」

日時   :  2012年10月28日(日)13:00~16:00
場所   :  アトレ吉祥寺 B1Fゆらぎの広場
        東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24
        http://www.atre.co.jp/floor_guide/index.php?scd=14
概要   : たいへん! ハロウィンキャンディが魔女に盗まれてしまいました!
       いっしょにモンスターパペットを作りますよ。
       目やキバなど、顔のパーツを自由につけて、オリジナルの怖いモンスター
       を作れば、魔女からキャンディを取り返せるかもしれません!
参加費  :  無料(予約不要、先着順です)
定員   : 50名様
連絡先  :  0422-22-1401(アトレイベント係)
       詳細はpipio 武本/平澤(info@casa-pipio.jp


どなたでもご参加できます。
モンスターを手にはめてハロウィンのお菓子をもらいにきてくださいね☆


Atre_pipio02


| コメント (4)

2012年10月 8日 (月)

『ニルスが出会った物語4 ストックホルム』

福音館書店からこれから刊行される『ニルスが出会った物語4 ストックホルム』の挿絵を描きました。
原作はセルマ・ラーゲルレーヴさん、構成/訳は菱木晃子さん、ブックデザインは森枝雄司さんです。


シリーズ4作目は、水に浮かぶ都「ストックホルム」誕生にまつわるお話です。
野外博物館スカンセンやストックホルム全景、海の乙女、などなど色々な絵を描きました。
菱木さんのあとがきも、とても読み応えがあります。

小さなニルスもちょこまかと絵の中に隠れているので、見つけてみてください。

Sto1

Sto3

Sto2

2012年10月 7日 (日)

『緑の精にまた会う日』

徳間書店から刊行される、リンダ・ニューベリーさん作、野の水生さん訳の『緑の精にまた会う日』の装画と挿絵を描きました。

やさしい雰囲気の装丁は百足屋ユウコさんです。
カバーをとった表紙もかわいい!

おじいちゃんの庭が大好きなルーシーと、その庭に住む緑の精のロブさんのお話です。
住みかをなくしてしまったロブは都会に住むルーシーの元へ歩き始めます。
ロブもルーシーも元気をなくしたり、いきいきと輝き始めたり、またしおれてしまったり
自分とまわりの変化にとまどいながらも今を生きていく姿に、共感し、エネルギーをもらえたような気がしました。

ぜひ読んでみてください!

Midori1

Midori2

Midori3

物語に出てくるチェルシーフラワーショーに行ってみたい!

2012年10月 4日 (木)

『ニルスが出会った物語3 クマと製鉄所』

お知らせが遅くなってしまいましたが、福音館書店から刊行された、『ニルスが出会った物語3 クマと製鉄所』の挿絵を描きました。

原作はセルマ・ラーゲルレーヴさん、構成/訳は菱木晃子さん、ブックデザインは森枝雄司さんです。

シリーズ3作目の、今回のお話はニルスが主人公らしく、動き悩み決断をします。

燃え盛る製鉄所の熱さと、クマとニルスの運命を感じていただければと思います。
ぜひお手にとってみてください!

Kuma1

Kuma2

Kuma3

2012年10月 1日 (月)

『ファッションイラストレーション・ファイル2012』

玄光社から出版された『ファッションイラストレーション・ファイル 2012』に、掲載していただいています。


表紙は緒方環さんの、美しい水彩画です。手だけなのに色っぽい!

「ファッショナブルワールドの集大成」ということです。見ているだけで気分があがる、キラキラとした本です。
私は、ぽっちゃりガールをのせました。こだわったのは、肘のあたりです。

ぜひお手にとってご覧ください!

Fashon


| コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »