« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木)

一緒にとおまわりを!

個展「とおまわり」がはじまります。

前回の個展から1ヶ月半しかたっていませんが、右往左往とおまわりをして描いた絵たちが並びます。

在廊日のお知らせです。

1日(金)13時から夕方くらいまで
2日(土)16時から19時まで
3日(日)13時から夕方くらいまで
5日(火)夕方から19時まで
6日(水)14時から17時まで

もしご興味があれば、絵にまつわるどうでもいいエピソードをささやきますので、ぜひ、お立ち寄りください☆
そして、絵を見て思った事や感じた事をありのまま、お聞かせくだされば嬉しいです。


2010年9月29日 (水)

個展「とおまわり」

個展のお知らせです。この記事はしばらくトップに表示されます。

10月1日から10月6日まで、オーパ・ギャラリーで個展をいたします。

前回の(ついさいきんの)個展のテーマが旅の風景だったので、今回は旅の中で出会った人や、見つけた物、を中心に22点ほど展示いたします。

ロシア、デンマーク、スウェーデンの人々、ものもの、風風、いろいろ感じていただけたらと思います。みなさまのお越しをお待ちしております!

************************************

平澤朋子個展「とおまわり」

2010年10月1日(金)~10月6日(水)
11時〜19時 open 最終日17時まで

オーパ・ギャラリー
渋谷区神宮前4-1-23-1F  東京メトロ表参道駅A2,A3出口より徒歩5分

************************************

↓DMです。モスクワのノヴォデヴィチ修道院の湖の切り株でたそがれる老夫婦です。
Dmtoo

Dmtooura

2010年9月22日 (水)

☆岩波少年文庫創刊60周年記念展☆

9月23日(木)から11月7日(日)まで、銀座の教文館ナルニア国にて、

「いつもそばに“本”がいた 〜岩波少年文庫創刊60周年記念展〜」

が始まります。
挿絵原画展や少年文庫の装丁の歴史などなど、60年の歴史を体感できる展示になりそうです。
ナルニア国では、現在流通している岩波少年文庫260冊全てを店頭に並べているそうです!
めくるめくたくさんの物語に出会いに、ぜひ遊びにきてください。

私は、「青矢号」の挿絵の原画で参加しております。
一緒に並ぶ挿絵の作家さんたちは、宇野亜喜良さん、河本祥子さん、佐竹美保さん、しりあがり寿さんです。
ああああうううう、憧れの作家さんたちと一緒に絵を飾ってもらえるなんて夢のようです。
でも私の絵が緊張とひ弱さのあまり、会場で粉々にくだけたりしないか心配だ…。

子どもの頃、ウィリアム・モリスの柄を使った期間限定の少年文庫の装丁が大好きでした。上品な柄と、きれいな文字、本の大きさと重さ、すべてがしっかりとかみ合っていて、本を持つだけでお話と手をつなぐ事ができたように思います。その装丁も見れるかな。
一愛読者として展示が楽しみです。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »