« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月29日 (土)

モスクワの21 時

モスクワの21<br />
 時
まだまだ明るいのです。

| コメント (0)

2010年5月16日 (日)

『青矢号ーおもちゃの夜行列車ー』

ジャンニ・ロダーリさん作、関口英子さん訳の『青矢号ーおもちゃの夜行列車ー』が岩波少年文庫から発売されました!
私は装画と挿絵を描いています。

ロダーリさんは『チッポリーノの冒険』や『ファンタジーの文法』などを書いた方で、この本でも小さい子供や小さい命に向けるやさしい視線がすごく感動的。

おもちゃたちは、ある晩お店をぬけだし、ある男の子を探し出す冒険へ!
おもちゃたちは、どこかとぼけていてとにかく、かわいらしい!
でも、冒険をする理由は切実で、雪が降る中ちいさなおもちゃたちは懸命に町中をところせましと駆け回る!

はじまりから、おわりの後書きまで、ユーモアと切なさに満ち満ちた本です。
ぜひぜひ、お手にとってみてください☆


Aoya


2010年5月15日 (土)

世界の果ての魔女学校

石崎洋司さん作の『世界の果ての魔女学校』の続編の連載が、青い鳥文庫のwebではじまりました☆わーい
最新作は書き下ろしです。
本が好きで男の子が苦手なアリシアと、感じの良い同級生のフェルナンド。
夏休みの少しワケあり古書店を舞台に、2人の会話や感情の変化がとってもおもしろいです!
私は挿絵を描いています。

毎月1回更新予定。ぜひぜひご覧ください!!

2010年5月 6日 (木)

タクタイル

先日スパイラルマーケットで開催された駒形克己さんのワークショップ「タクタイル」に参加してきました。

タクタイル=触覚

目隠しをして、はさみをつかい紙を切って形を作ります。となりの人の切ったものもなぞってみます。

いつもとちがう世界の中の感覚や緊張感。「先入観」をとりのぞいていくことが、楽しくもあり怖くも感じる!
最後の目隠しをとった瞬間のぞくぞくは忘れられません。かっこうよかった…。視覚障害のある人たちとお仕事をしている駒形さんならではの作業空間。

駒形さん、きれいな目で優しい声でした。参加者のみなさんも穏やかな感じですてきになごやかでした。

作った紙のオブジェ。
タクタイル

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »