2017年3月20日 (月)

『読んでおきたい偉人伝』

成美堂出版から刊行された

『読んでおきたい偉人伝 小学3・4年』

『読んでおきたい偉人伝 小学5・6年』に挿絵を描きました。

3・4年生では『レイチェル・カーソン』を。

Ijin01

5・6年生では『宮沢賢治』を担当しました。   

Ijin02

数々の偉人たちの生き様が、わかりやすい文章とたくさんの挿絵で描かれています。とても読みやすいので、ぜひお手にとってみてください。

2017年3月19日 (日)

『ルポ 希望の人々』

生井久美子さんの『ルポ 希望の人々』(朝日新聞出版)の装画を描きました。

積み重ねた取材から生み出される、強い文章と気持ちに胸が打たれます。
ぜひ読んでみてください。

Kibou

2017年3月18日 (土)

『いろいろいっぱい』

『いろいろいっぱい』(ゴブリン書房)の描き文字を担当しました。

ニコラ・デイビスさん作、エミリー・サットンさん絵、越智典子さん訳です。

生物の多様性を、優しい言葉と美しい絵で語りかける科学絵本です。

エミリーさんの絵がとってもパワフルで、生命の素晴らしさが本から溢れ出してくるようでした。

前作『ちいさなちいさな』も合わせて、ぜひお手にとってみてください。

Iroiro

2017年3月17日 (金)

選書

B-bookstoreさんのサイトで、元気が出る本を紹介させていただきました。

この本を読んで、「絶対ノルウェーの船に乗るぞ!そしてフィヨルドを描くぞ!」と心に決めたのでした。

2017年2月27日 (月)

フィヨルドとノーザンライツ

2月の3週間ほど、ノルウェーとフィンランドを旅行してまいりました。

ノルウェーでは憧れのベルゲン鉄道とフッティルーテンに乗り、フィンランドではサーミ博物館を転々と周り、氷った湖と雪とサウナを堪能しました!

中でもフッティルーテンの船旅が最高で、大きな窓から念願のフィヨルドスケッチすることができました。クルーズにひとり旅は完全に浮いていましたが、偶然一緒だった日本のツアーの方たちとたくさんおしゃべりしてもらい、乗客の皆さんも優しくて、クルーも愉快で楽しそうに働いていて、夢のような、しかもとても濃い数日間でした。

No04

北極圏の風景。しびれます。しびれすぎて、今はとんがったものを見るだけで旅が思い出されて泣けてきます。

No05

ヨーロッパの北最先端。おそろしくてきれいです。

オーロラもやわらかい美しいものを見ることができました。

No06

船から降りて寂しすぎてオイオイグスグス泣いていた夜に、オーロラが現れたので元気をもらい、北の果てで立ちすくむことなく旅を続けられました。
サンキュー、ノーザンライツ。

この旅をどうにかこうにか、色々形にしていくのがこれからの目標です。
No03

Tusen Tack! Kitos!

2017年1月29日 (日)

『悦子のブック・バスケット』Special

翻訳家・作家の野坂悦子さんが企画された『悦子のブック・バスケットSpecial』のお知らせです。

期間:2月4日(土)〜 2月16日(水) 
時間:11:00〜19:00(最終日17:00)

ギャラリートーク 2月4日(土)17:00〜
ミニイベント   2月11日(土)15:00〜
パーティー    2月11日(土)17:00

私は野坂さん翻訳の『みんながそろう日』『ミスターオレンジ』の絵と、販売用の小品を展示させていただきます。

詳しい内容はギャラリーのサイトをご覧ください。

物語と本の楽しみに溢れた展示になりそうです。ぜひお立ち寄りください。

2017年1月27日 (金)

1月のおはなしとあそび

1月27日(土)三省堂書店下北沢店 14:00〜(約30分間)からpipioのおはなしとあそびを行います。

ぜひお立ち寄りください!

2017年1月 8日 (日)

「雪の結晶でつくる冬のコマ」

無印良品でのワークショップ「雪の結晶でつくる冬のコマ」の様子です。

Muji_huyu01_3

雪の絵本を楽しんでから、工作スタートです。

Muji_huyu035

チョキチョキ、折りたたんだ紙を切っていきます。

Muji_huyu034_2

皆さんとても切るのが楽しそう。工作が好きというのが伝わってきます。

Muji_huyu02

簡単な型から、難しい型、オリジナルの型、どんどん高度な切り方にチャレンジしていきました。

Muji_huyu033

できた結晶にキラキラシールを貼って、好きな順番でコマの土台にのせていきます。

Muji_huyu04

美しいコマたちがずらり!どのコマも回すと「うわぁ」と歓声があがります。

雪がトリプルアクセルをしているような、うっとりする作品たちが出来上がりました。

細かくて力がいる作業が続いたのですが、参加者の方たちの集中力とはさみ使い、色の組み合わせ、形のアレンジのセンスなどに始終シビれておりました。

一緒に作ってくださりありがとうございました!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

1月8日(土)に無印良品三軒茶屋店にてピピオの「雪の結晶でつくる冬のコマ」ワークショップをおこないます。

予約はこちらのイベントページで受け付けております。

ハサミを使う際、少し力が必要なので6歳からと表記しています。
雪がふわふわっと舞い降りてくるようなコマ作りを一緒に楽しみましょう!

ご参加お待ちしております。

Pipio_muji_image

2017年1月 6日 (金)

2017

明けましておめでとうございます。

2017年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年の目標は、たくさん歩く事に決めました。
ふらふらウロウロ体力をつけます!

2017

2016年12月17日 (土)

『わたしたちが自由になるまえ』

フリーア・アルバレスさん作、神戸万智さん訳『わたしたちが自由になるまえ』(ゴブリン書房)の装画とカットを描きました。

1960年代、独裁政権下のドミニカ共和国が舞台です。12歳のアニータの目を通して見える世界が、美しくて恐ろしく、始まりから終わりまで惹きつけられます。

幸せな日常に段々と侵食してくる暗い網のようなものが肌に感じられるような物語です。

ぜひ読んでみてください!

Watashi

Watashi2

2016年12月11日 (日)

『紅のトキの空』

ジル・ルイスさん作、さくまゆみこさん訳の『紅のトキの空』(評論社)の装画とカットを描きました。

ミサゴのくる谷』『白いイルカの浜辺』に続く、3作目の翻訳本です。

今回も中嶋香織さんが美しく装丁してくださいました。

主人公スカーレットが過酷な環境を、希望を捨てることなく生き抜いていく力強い物語です。家族、友達、未来に対する不安や希望が切実に胸に迫ってきます。

ぜひ読んでみてください!

Toki

カバーにはスカーレットと弟が夢見る風景を描きました。

Toki1

2016年12月 9日 (金)

『生きているしくみがわかる生理学』

大橋俊夫さん河合佳子さんの著作『生きているしくみがわかる生理学』(医学書院刊)の表紙に絵を使っていただきました。

かわいいデザインはオフィスキントン加藤愛子さんです。

素朴な人体への疑問に対する答えが、丁寧にわかりやすく書かれています。
ぜひお手にとってみてください。

Igaku1

2016年12月 6日 (火)

『唐木田さんち物語』毎日小学生新聞

今月8日から毎日小学生新聞で始まる、いとうみくさんの連載小説『唐木田さんち物語』の挿絵を担当します。

唐木田さんちは10人家族。主人公の小学5年生の志郎の目に映る家族の形に、笑ったり、ほろっとしたり、考えたりと、感情が志郎と共に揺れ動きます。

3月後半まで、いとうさんのイキイキ楽しい文章を読みながら、私も心を弾ませて絵を描いていきたいと思います。

内容がぎっしり詰まった毎朝届く小学生新聞。ぜひご覧ください!

2016年11月22日 (火)

11月のpipioのおはなしとあそび

11月26日(土)14:00〜(30分程度)に三省堂書店下北沢店にてpipioのおはなしとあそびを行います。

ぜひ遊びにいらしてください!

2016年11月17日 (木)

『キミがくれた希望のかけら』

セアラ・ムーア・フィッツジェラルドさん作、中林晴美さん訳、『キミがくれた希望のかけら』(フレーベル館)の装画と挿絵を描きました。

あたたくて可愛いデザインは中嶋香織さんです。

不思議な能力を持つオスカーと、彼の行方を探す親友のメグ、美しい転校生パロマ、オスカーの弟スティーヴィ、それぞれの思いがぶつかり合い混ざり合う静かに熱い物語です。いじめや、恋、孤独、10代の柔らかくて切実な心模様に引き込まれます。

ぜひ読んでみてください!

Kimi01

Kimi02

Kimi03

2016年10月25日 (火)

「落ち葉でつくる秋のコマ」!

無印良品でのワークショップ「落ち葉でつくる秋のコマ」は終了しました!

Mu1105_1

落ち葉がたっぷりでてくる秋の絵本を読んだら…

Mu1105_2

葉っぱをちょきちょき切っていきます。

Mu1105_3

次々に生まれる落ち葉たち。机の上に秋が広がっていきます。

Mu1105_4

葉っぱができたら土台の上に並べていきます。

Mu1105_5

葉っぱの他に、どんぐりや焼き芋や芋虫などもちょこんとのっています!

Mu1105_6

秋のコマがずらり!ひとつだけ写真を撮り損ねてしまった作品があって無念なのですが(涙)心の中に焼きつけております。すべてのコマが回すと夢の中に連れて行ってくれるような、すごく美しい瞬間を見せてくれました。

細かい作業が多い工作でしたが、こんな葉っぱを切ってみよう、こんな組み合わせにしよう、などアイディアと挑戦とセンスに溢れた時間になりました。

参加してくださった皆様、ありがとうございました!

::::::::::::::::::::::::::

11月5日(土)に無印良品三軒茶屋店にてピピオのワークショップ「落ち葉でつくる秋のコマ」を開催します!

ご予約はこちらのイベントページで受け付けています。

秋の色を感じる紙をたくさん用意してお待ちしています。葉っぱをたくさん切って綺麗なコマを作りましょう!どんな落ち葉をどの位置に置くかによって、回した時の表情がガラリと変わります。ぜひご参加ください。

Pipio_muji_image1105_1

2016年10月18日 (火)

ドイツのおみせやさん終了しました!

10日にティールグリーンinシードヴィレッジで開催したドイツのおみせやさんの様子です。

G00

まずは導入でドイツについて話します。ドイツの地図やお城、街の写真をみんなで見ました。

G01

続いては、いよいよお店の説明です。今回はドイツで生まれたグリム兄弟の集めた物語をテーマにしています。おかしやさんは『ヘンゼルとグレーテル』がテーマです。紙芝居でグリムの世界に少しずつ入っていきます。

G02

おかしやさんの仕事は「おかしの家の飾り付け」です。ドイツ産の蜜蝋粘土を使っておかしを作ります。

G_okashi00

おかしのシールも貼っていきます。細かい作業をとっても綺麗に丁寧にやってくれました!

G_okashi01

ゲームは、魔女の落とし穴を避けて通るビー玉ゲームです。

G_okashi02

準備万端です!本物のクッキーはもちろん美味しそうですが、粘土のおかしも食べてしまいたいくらいキュートでした☆

G_okashi03

続いては、「おもちゃや ブレーメンの音楽隊」です。

G_bre00_2

動物たちの体に色を塗って…

G_bre01

音楽隊が完成しました!とっても素敵に塗ってくれました☆

G_bre02

お客さんにはこれらを積み上げて遊んでもらいます。全部積み上がると、盛大に拍手をしてくれてうれしかったです!

G_bre03

おもちゃやさんの商品は、動物のピンバッジです。どの動物もグリム童話に出てきます。裏に小さな物語の紙が入っています。バッジ一つ一つに「カエルの王さま」「しらゆきべにばら」など題名を手書きで描いてくれました。おかげでとてもステキな商品になりました!

続きまして、「まほうや 白雪姫」です。こちらは、顔や腕にお絵描きをするというお店です。水で消えてしまうまほうです。

G_shira00

まずは、ゲームのための7人の小人の絵を描いて…

その後、ひたすら腕に描く練習をします。紙に描くのと違い、とても難しいのですがみんな集中して楽しそうに練習できました!

G_shira01

お店タイムでは、7人の小人の箱にリンゴを投げ入れるゲームをしました。説明を頑張ってしてくれました。

G_shira02

お客さんが次々に来てくれて、大忙しでしたが最後までしっかりまほうやさんをやってくれました☆堂々とお客さんの腕に絵を描いていたのが素晴らしかったと思います!

G_shira03

最後は「ほんや グリム」です。

ここでは、自分でお話を考えることができる本を売ります。表紙に模様を描くことが仕事です。

G_grimm00

たくさんの本に一つ一つとっても凝った模様を描いてくれました!どれも欲しくなってしまうような本がたくさんできました。

G_grimm01

ずらりと並べてとっても綺麗!

ゲームはグリム占いルーレットです。

G_grimm02

ルーレットを回して、針がさした数字の占いカードをもらいます。とっても元気に声を出して盛り上げてくれたので、どの数字に止まるかワクワクしました!

G_grimm03

この占いもグリム童話をテーマにしています。「灰かぶり」を引いた人は「心の美しい人」など小さなメッセージが書かれています。

どのお店も、やることがたくさんあって大変だったと思うのですが、みんな楽しそうにあきらめずに丁寧にやってくれて本当に素晴らしかったです(大拍手!)

混雑した中、お買い物をしてくださった皆様にも感謝です!

一緒にお店を作ってくれたリーダーの、中里さん、白雪姫をドイツ語で読んでくれたじゃっきー、高1と小5のジュニアリーダーコンビさん、ティールグリーンの皆様ありがとうございました!

Danke!!

G04
 

«スウェーデン大使館 キッズウィーク