2017年4月17日 (月)

「封筒でつくる写真のおうち」ワークショップ

4月23日(日)に無印良品三軒茶屋店にてpipioの『封筒でつくる写真のおうち』ワークショップを開催します。

予約はこちらのイベントページで受け付けております。

一緒にカラフルなおうちをたくさん作りましょう!ぜひご参加ください。

Pipio_muji_image

2017年4月16日 (日)

コガモのアトリエ

ティール・グリーンinシード・ヴィレッジにてコガモのアトリエを開催します。

今回のテーマは「本そっくりの箱を作る」です。
Kogamo_image

Kogamo_image02
はじめに、どんな本の表紙にするかを考えていきます。

そして水彩や色鉛筆で絵を描いていき、それを組み立てると本の形をした箱の出来上がりです。
自分の好きな本、色、文字、物、などを頭に思い浮かべながら楽しく制作していただけたらと思います。

●開催日 5月14日日曜日

●子どもの部 10:30~12:30(2時間)

定員  10名(小学生から、要予約)
参加費 1500円(講習料、材料費込)

●大人の部  14:00~16:30(2時間半)
定員  10名(中学生から大人、要予約)
参加費 2000円(講習料、材料費込)

※どちらの部も持ち物はありません。
普段お使いの筆やパレットがある方はお持ちください。

水彩絵具を使いますので汚れてもいい服でお越しください。 
より詳しい内容はティールグリーンのサイトをご覧ください。

ご予約はティールグリーンの店頭かお電話、メールなどでお願いいたします。

皆様のご参加をお待ちしております!

2017年4月12日 (水)

「唐木田さんち物語」連載終了しました

毎日小学生新聞で連載されていた、いとうみくさんの「唐木田さんち物語」が先月連載終了しました。

Karakida

大家族の物語なので登場人物がたくさんいるのですが、それぞれに個性があってそれらが大変愛おしかったです。コミカルとシリアスが交互に訪れる感じも挿絵を描いていて楽しかったですし、最後の主人公の志郎のすべてのストーリーをつなげる言葉に心打たれました。

本になって、さらにたくさんの方に読んでもらえますように!

全72カットはこんな感じです。

Karakida02

2017年4月11日 (火)

「子どもの才能を引き出すコーチング」

菅原裕子さん著「子どもの才能を引き出すコーチング」(幻冬舎文庫)の装画を描きました。柔らかなデザインは坂川事務所です。

2015年に刊行された「子育てが変わる親の心得37」の文庫版です。装画を再度使っていただきました。

子どもの才能だけでなく、大人の自立した生き方や気持ちも引き出してくれる熱い内容です。ぜひお手にとってみてください。

Kodomo

2017年4月10日 (月)

『緑の模様画』

2007年に刊行された高楼方子さんの『緑の模様画』(福音館書店)が新しい装丁で生まれ変わりました。デザインは名久井直子さんです。

色や文字が変化してぐっとシックな雰囲気です(嬉泣)

10年前、児童書の仕事を始めたばかりで、どうしたらこの物語の美しさや凜とした感じが出せるだろうと、ずいぶん悩みながら編集者さんも悩ませながら、自分なりに装丁をしました。その頃の私に、10年後に名久井さんに装丁し直してもらえるから、がんばんなさい!と伝えたいです。

高楼さんの名作達『十一月の扉』『時計坂の家』『ココの詩』がそれぞれ美しい装丁で続々と刊行されています。ぜひぜひお手にとってご覧ください。

『緑の模様画』は、今の季節にぴったりな爽やかで切ないような空気が詰め込まれている作品です。ぜひ読んでみてください。

Midori

2017年4月 9日 (日)

マリモリビング

マリモリビングのサイト内、温故知新のインテリアページが更新されました。

今回のテーマ「香り」でイラストを描いております。

ご覧ください!

2017年4月 8日 (土)

「メリーメリーおとまりにでかける」

ジョーン・G・ロビンソンさん作絵、小宮由さん訳「メリーメリーおとまりにでかける」(岩波書店)の描き文字を担当しました。

テディ・ロビンソンシリーズと同じく、三冊刊行予定です。

5人兄弟の末っ子で、いつもお兄さんとお姉さんたちに赤ちゃんあつかいされてしまいますが、堂々と己の道を行くメリーメリーが本当にキュートで眩しいです。ぜひお手にとってみてください。

Meri

2017年4月 1日 (土)

「あおぞらや」

こどものくに・ひまわり版・五月号の林木林さん作「あおぞらや」(鈴木出版)の絵を描きました。

電気屋さんが「あおぞらや」に見える男の子の心情がゆったりとした言葉で描かれています。

Ao01

Ao02

Ao03

書店には並ばない本ですが、見かけた際はぜひお手にとってご覧ください。

2017年3月24日 (金)

3月のおはなしとあそび

3月25日(土)14:00〜(30分程度)に三省堂書店下北沢店にてpipioのおはなしとあそびを行います。

ぜひ遊びにいらしてください!

2017年3月20日 (月)

『読んでおきたい偉人伝』

成美堂出版から刊行された

『読んでおきたい偉人伝 小学3・4年』

『読んでおきたい偉人伝 小学5・6年』に挿絵を描きました。

3・4年生では『レイチェル・カーソン』を。

Ijin01

5・6年生では『宮沢賢治』を担当しました。   

Ijin02

数々の偉人たちの生き様が、わかりやすい文章とたくさんの挿絵で描かれています。とても読みやすいので、ぜひお手にとってみてください。

2017年3月19日 (日)

『ルポ 希望の人々』

生井久美子さんの『ルポ 希望の人々』(朝日新聞出版)の装画を描きました。

積み重ねた取材から生み出される、強い文章と気持ちに胸が打たれます。
ぜひ読んでみてください。

Kibou

2017年3月18日 (土)

『いろいろいっぱい』

『いろいろいっぱい』(ゴブリン書房)の描き文字を担当しました。

ニコラ・デイビスさん作、エミリー・サットンさん絵、越智典子さん訳です。

生物の多様性を、優しい言葉と美しい絵で語りかける科学絵本です。

エミリーさんの絵がとってもパワフルで、生命の素晴らしさが本から溢れ出してくるようでした。

前作『ちいさなちいさな』も合わせて、ぜひお手にとってみてください。

Iroiro

2017年3月17日 (金)

選書

B-bookstoreさんのサイトで、元気が出る本を紹介させていただきました。

この本を読んで、「絶対ノルウェーの船に乗るぞ!そしてフィヨルドを描くぞ!」と心に決めたのでした。

2017年2月27日 (月)

フィヨルドとノーザンライツ

2月の3週間ほど、ノルウェーとフィンランドを旅行してまいりました。

ノルウェーでは憧れのベルゲン鉄道とフッティルーテンに乗り、フィンランドではサーミ博物館を転々と周り、氷った湖と雪とサウナを堪能しました!

中でもフッティルーテンの船旅が最高で、大きな窓から念願のフィヨルドスケッチすることができました。クルーズにひとり旅は完全に浮いていましたが、偶然一緒だった日本のツアーの方たちとたくさんおしゃべりしてもらい、乗客の皆さんも優しくて、クルーも愉快で楽しそうに働いていて、夢のような、しかもとても濃い数日間でした。

No04

北極圏の風景。しびれます。しびれすぎて、今はとんがったものを見るだけで旅が思い出されて泣けてきます。

No05

ヨーロッパの北最先端。おそろしくてきれいです。

オーロラもやわらかい美しいものを見ることができました。

No06

船から降りて寂しすぎてオイオイグスグス泣いていた夜に、オーロラが現れたので元気をもらい、北の果てで立ちすくむことなく旅を続けられました。
サンキュー、ノーザンライツ。

この旅をどうにかこうにか、色々形にしていくのがこれからの目標です。
No03

Tusen Takk! Kitos!

2017年2月21日 (火)

「ありがとうのプレゼント」

キンダーブック3・2月号(フレーベル館)に掲載された、飯野由希代さん作「ありがとうのプレゼント」の絵を描きました。

ページをめくるたび、くるくるとあざやかに感情が変わっていく主人公を描けてとても楽しかったです。

Ari01

Ari02_2

Ari03

2017年1月29日 (日)

『悦子のブック・バスケット』Special

翻訳家・作家の野坂悦子さんが企画された『悦子のブック・バスケットSpecial』のお知らせです。

期間:2月4日(土)〜 2月16日(水) 
時間:11:00〜19:00(最終日17:00)

ギャラリートーク 2月4日(土)17:00〜
ミニイベント   2月11日(土)15:00〜
パーティー    2月11日(土)17:00

私は野坂さん翻訳の『みんながそろう日』『ミスターオレンジ』の絵と、販売用の小品を展示させていただきます。

詳しい内容はギャラリーのサイトをご覧ください。

物語と本の楽しみに溢れた展示になりそうです。ぜひお立ち寄りください。

2017年1月27日 (金)

1月のおはなしとあそび

1月27日(土)三省堂書店下北沢店 14:00〜(約30分間)からpipioのおはなしとあそびを行います。

ぜひお立ち寄りください!

«「雪の結晶でつくる冬のコマ」